そういえば父の日

招待して頂いたコンサートを観に行ったり、自宅サーバ用のハードディスクを買い込んだり

またラーメン食べてたり(ひとりでじゃないけど)

あと窒化ガリウムの充電器買ったりした日。

久しぶりに日曜日らしいあちこち移動するをした日だったけど、まんぼう明けると道が混む。

土日どちらか休めたら十分。休みの日特にやることもないしって話してたそう明日は月曜日。

父の日なにもしなかったな。反省。

つけるとさむい けすとあつい

自宅の中にストレージサーバとチューナーサーバ(テレビ受信して宅内配信用)があって、普段使っている端末から終わった案件のデータはストレージサーバに移動し、数カ月は一応保存みたいな風にしているんだけど。
この「いつか使うかもしれないから一応とっておこう系のデータ」は保管方法に規則性をもたせておかないとどんどん貯まる一方で。
気がつくと10TB近く圧迫してたから整理を頑張ってました。

それにしても日中暑い。
そろそろサーバルームの室温管理考えないと。

おひさしぶりに

凄く久しぶりにBlog更新してみる。
人のサイトの作り込みはするのに自分のポートレート放置はよくない。。
WordPressのスキン変えたのでこれから日記つけていけたらいいなあ。

朝からなにも食べてなかったのでお仕事の後らーめん食べて寝。

電池がきれるまで

Z50のファームウェアアップデート。
使えるレンズが増えるとかだけどそれよりもDCカプラーが欲しい..。
USB給電出来るのかなって思ったらUSB経由で充電は出来るけど通電しながらの使用は出来ないらしく。
じゃあダミーバッテリーカプラーって探したけどオフィシャルのサードパーティーもないみたい。
Webカメラみたいにして使おうと思ったのに。

2021年1月


●1月1日(金曜日)
祝日とかにはあまり関係のない、この曜日はこの業務みたいな職種なので元日も朝から仕事へ。
前日までの雪はすっかり溶けて朝5時とか車も少なくて移動が楽。
やっぱり例年に比べて人通りは少ないけど、神社の前を通ると出店はあるんだって感じ。
今年は初詣は辞めて、1月中旬くらいになったらそっと近くの神社に参ろうと思う。
結局仕事だってプライベートだって何をするのにも基本は健康が前提。
今のこの状況はきっと特効薬でも出来ない限り劇的には変わらないと思うけど、
休める時には休んで、今年もいい1年になればいいなあって思う。

仕事の合間にお節は頂きました。
お雑煮もお屠蘇もまだなので正月三が日過ぎて、少し仕事落ち着いたらいただこうと思う。


 

2020年8月

●8月21日(金曜日)

大好き冷や汁\( ‘ω’)/
ミョウガあれば私は生きてゆける。


●8月14日(金曜日)

True Sleeper買いました。
凄く嬉しい。
せめて眠る時は安眠したい。


2020年7月

●7月28日(火曜日)
暑い…。
金曜日の夜にダウンロード購入したバイオRe3を日曜日の午前中までにクリアする。
平日忙しすぎたので週末のこんなのが幸せ。
ラムベースのココナッツのお酒を頂きました。
美味しいなあ。


 

2020年6月

●6月1日(月曜日)5月Blog書いてなかった。
お家に有線放送がやってきました。
仕事しながら南国音楽とか聴いてる。大変よい。
去年買ったばかりの新型クーラーと共にお気に入り家電となりました。


 

生放送や収録をスタジオと遠隔地で行う際の音質に関する考察

●前置き
4歳の頃からパソコンに触らない日はないような生活をし、小学4年生の夏休みの工作は自作パソコン。
当時ダイアルアップ環境の中、メモ帳でHTMLを書きWebサイトを作ったのが5年生。
そんな生い立ちで今はシステムエンジニアとして生活している私。
実は両親が経営する制作会社で、同じく小学生くらいの頃から放送機材に触れ、アニメのレコードのピッチを変えてオープンテープに落とすみたいな作業が出来る環境に居たため音響機材が大好き。
結果的に今、音響・放送の現場でもお仕事をしていたりします。
キャリアとしては音響業、レコーディング業の方が長くて、一般社団法人 日本音響家協会の認定技術資格や、同じく仕事で使うから公益社団法人 日本照明家協会の認定技術資格も持っているのだけど。

この春から新たに放送のお仕事任せて頂いたので、今回はそれに纏わるお話。
あ、ラジオ放送でのお話です。
テレビ業界も大変みたいだけど今回はラジオのお話。


放送局のスタジオっていうのは、外からの音が入るのを防止したり、中の音が漏れるのを防止したりする必要がある為、基本的に密閉閉鎖された空間です。
でもこのコロナウイルス事態で、そうも言っていられず、地方局・中央局問わずに喋る人はスタジオに1人、他の相手は自宅から遠隔出演なんて状況が特に珍しくもなく行われていたりします。

場合によっては製作陣・技術陣だけ放送局に居て、喋る人(出演者)は自宅から、なんて状況もあるみたい。
とにかくまず今はそんな状況がある、というが前提でのお話。


そんな中、じゃあどうやってスタジオと個人宅を繋ぐか、という問題が出てきます。
スタジオと中継現場とか、本社スタジオとサテライトスタジオ、とかならISDNを使った音声コーデックや、光IPコーデックで双方向接続が一番良いのだけど、相手が個人宅ならそうもいかない。
今は個人宅に固定回線がない人も居るし、まして今更ISDNを個人宅で使用している人は皆無な気がするし。

ではどうするか。
一番簡単なのは電話で、あとはSkype、LINE電話、Zoom、そんなのがまず思いつく方法。

●電話の場合
スタジオの固定回線と喋り手の携帯電話もしくは固定電話と繋ぐパターンが多いのだけど、この方法での問題点は音質。
標準音質の音声通話(3.4kHz帯域)だとスタジオの機材に繋いだ時に明瞭さに欠けるし、本当に最終手段。
お仕事なんだから気にするのも違うのかもだけど、厳密にいえば1分1秒通話料金が掛かるという点もあるし。

●SkypeやLINE電話、Zoomの場合
音質は条件さえそろえば電話よりは遥かに良いと私は思っています。
この条件というのが人によって環境が違うからすべての人の同意を得られないけれども。
PCにアプリを入れ、オーディオインターフェースや外部マイクを適切に接続、設定し、もっと言うならコンプリミッターも繋ぎ、回線の品質が良く、かつその通信サービス(SkypeやZoom)のサーバが混み合っていないというのが条件。

この、適切な機材と適切な環境を送り手と受け手の両方が準備するというのが現実問題として難しかったりして。
または使用者のスキル不足もあったりで、現場で求められる「いつでもどんな時でも安定して高音質」というものの実現が難しかったりするのです。
スタジオは技術さん(技術専門スタッフ)居るけどね。
遠隔地の出演者に同じスキルを求めるのも現実問題難しい部分もあるので。

あと、音質は置いておくとしても遅延の問題。
調子が良い時は遅延はほぼなくても、長時間通話したり、通話(通信)中に回線品質が落ちると遅延や、最悪接続が切れてしまう。
これはもう放送事故な訳です。
こんな状況だから仕方ないとはいいつつも、放送中に切れたらこれはやっぱり放送事故。
安定性・確実性に欠けるのがこのSkypeやLINE電話、Zoom。

まあもちろん今後状況は変わって品質や安定性はいずれ上がるとは思います。
現実に数年前に比べたら今は格段に音質も安定性も遅延の少なさも良い。
ただ、あくまで今は不完全な部分もあると私は思っています。

そうそう、今更だけど今回のお話は「いかに音声を高音質で遅延なくお互いの場所に届けるか」という話です。
映像も必要とかいう場合はこの環境にプラスして、別の端末でSkypeとかZoomとかLINEのビデオ通話でビデオチャットすれば良いと思うし。
「じゃあトークバックは..」という話は「もう1回線別に繋げばいいんじゃないかな」というそういう解決案の方向で進めさせて下さい。


で、長文になってきたけど、ここからが「じゃあどうするのか」というお話。
これから先書くことは「あくまで私が自己責任のもと、自分の番組で必要に迫られたら私ならこうする」というお話。
決して人に勧めているのではなくて、「こういう方法もあります」という。
今、全国で、いえひょっとしたら世界中で放送局のエンジニアがこんな状況でどうやろうと悩んでいて、その中で様々なアイディアが生まれている中、「私が現場技術スタッフならこうやるよ」ってお話。

まず一つ目。
HD VoIPを使用してみる方法。
まずVoIPというのはVoice over Internet Protocolの略で、厳密にはちょっと違うのだけど、誤解を恐れずに書くと、TCP/IPネットワークを介して、デジタル化された音声を送受信したり、呼び出し、切断したりする呼制御技術を含めたものの総称。

そして、HD VoIPはそれを更に高品質・高音質化することに成功した通信技術のことで、お互いがスマートフォンの回線で、同じキャリアで、HD VoIP対応端末で、かつ対応通話エリア内で通話をした際、初めて利用できるもの。

凄く詳しい人に言わせれば厳密には違うと思う、というかもっと広域な定義での言葉なので。
ただまあ、このお話では深く詮索しないで頂いて。(((

例えばドコモの場合。
ドコモはVoLTE技術と呼んでいるけれど、まず人の耳で聞こえる範囲が20Hz~20kHzこれを前提として。
一世代前の3G回線だと、通話時の音質は300Hz~3.4kHz。
これがVoLTE技術を使用した通話だと帯域が50Hz~7kHz(特定条件下で8kHz)まで広がりこれはAMラジオ音質相当に値します。

で。
更にVoLTE(HD+)技術だとこれが50Hz~14.4kHzまで可聴帯域が広がりこれはもうFMラジオの音質に値します。

この技術、先に書いた「お互いがスマートフォンの回線で、同じキャリアで、HD VoIP対応端末で、かつ対応通話エリア内で通話」という条件は必要なものの。
通常の通話料金以外に追加料金が不要というのが最大のメリット。
そして通話料だって今は「カケホーダイプラン」ってあるので、最初のイニシャルコストは掛かっても通常使用でランニングコストは一定なのではないか、というのが私の中での良い面としての見解。

ちょっとドコモの公式音声サンプル動画のリンク張っておきます。
ご興味ある人聴いてみてください。


さてじゃあこれを実際に放送で運用してみたい。
どうするか。

まず大前提として、自分の端末がこのVoLTE(HD+)に対応していること、そして遠隔地の出演者もVoLTE(HD+)に対応した端末を持っていることが条件です。
これはもう非対応端末しか持っていないなら機種変更するしかないけど、幸い今はSimカード形式だから対応端末の中古白ロムを安く買って、(ものによっては3千円台からあるので)、本来の端末とは別に用意します。
そしてそれにSimを差し込めばok。
auはSimのアクティベーションが要るけど、docomoは不要なので。

●参考リンク : docomoのVoLTE(HD+)対応端末
iPhoneはiPhone11シリーズか、この前発売されたばかりのiPhoneSE第二世代。
あとはandroid端末ばかりとなります。

次に自分の(スタジオ側の)スマホをミキサー卓に接続して、相手の声をミキサーに。
そして、スタジオの声を遠隔地に届けないといけない。
これ、スタジオの固定電話回線ではダメなのです。
あくまで「お互いがスマートフォンの回線で、同じキャリアで、HD VoIP対応端末で、かつ対応通話エリア内で通話」という条件での話だから。
スタジオ側もスマホじゃないといけない。
だから自分のスマホを使う。

と、なればそう、なにかしらの方法でスマホの音声をミキサー卓に入力・出力含めて接続する必要があります。
色々と方法はあるんだけど、とりあえず実験だから、と今回私が買ってみたのがコレ。
Zoom LiveTrak L-8 (←メーカー公式の商品紹介は型番をクリック)
これ、1台でミキサー、レコーダー(SDに録音)、オーディオインターフェース、サンプラーになるんだけど。
面白いのがスマホ用のTRRSケーブル接続ポートがついている点。
そう、スマホのイヤホンマイク端子をフェーダーに立ち上げることが出来るのです。
つまりスマホ用のテレラインボックスの代わりとなり、更にミキサー機能があるから普通のダイナミックマイクやコンデンサーマイク、そしてCDとかの音声LINEが繋がるという訳。
今までに(あんまり)なかった、おもしろそう、と、とりあえず2台購入。
(スタジオ側と出演者側に1台ずつ必要だから計2台必要なので)
某先輩Kディレクターに報告したら「可能性を広げる素晴らしいお買い物」と言われたので良いことにする。
で、ここまで書いておいてなんなのだけど。
実は今日の時点ではVoLTE(HD+)対応端末が手元に2台ないのと。
自分の端末を受け手側にするとしても、実験に必要な送信側(相手側)のもう1回線がない状況。
これはもう追加でドコモ回線を契約しました。
(今ってdocomoショップじゃなくてオンラインで追加契約出来るみたい。外出しなくても携帯回線手に入るの便利。)
うん。それらが届いてからの後日実験になります。

なんなんだ私。
そもそも届いてから考察書きなよ私。

少なくともスマホの音を放送用ミキサー卓に落とし、またスタジオの音を相手のスマホに返すというテレラインとしての機能はバッチリでした。
続きの実験と結果報告はまた後日。

今は対応端末2台の白ロムと新規のdocomo回線Simカードが届くのを待っている状況です。


次。
レギュラー出演者じゃなくて、1回限りの電話ゲスト、とか、相手がVoLTE(HD+)エリア外に居るとか、とにかく対応端末や機材を用意するのは難しいといった場合のお話。

例えば「SkyPhone」を使う方法もあるかなーと思います。
Skype(スカイプ)じゃないよ、SkyPhone(スカイフォン)だよ。()

これはスマホ(iOS&android)用のアプリで、PC用は無し。
実際に運用するなら少なくともスタジオ側は上記のような機材が必要だけど、とにかくIP電話アプリの一種で、アプリをインストールすると会員登録とかはなく、専用の電話番号IDが振られます。
それを使ってお互いに通話するソフトなんだけど、LINEやSkypeを含む世の中に数多くあるIP通話(電話回線ではなくてデータ通信帯域をつかっての通話)アプリの中で多分1番と言っていいほど音が良いのです。
インストール後は設定画面から音質を高音質に設定するのをお忘れなく。
もちろん回線品質が普通レベルには良いという前提での話だけどね。

公式サイトはこちら
色々紹介が載っています。

これの運用実現性については今すぐに実験環境が出来たので、docomo LTE回線とau LTE回線のiPhoneXを使って接続。
2人でWi-FiはOFFにして、4G(LTE)通信として実験。
環境はお互いにSHURE BATA58A マイク。
ヘッドフォンはSONY MDR-CD900ST(いわゆるスタジオに置いてあることの多いスタンダードヘッドフォン)で会話。
時々サブ卓(今回はALLEN&HEATH Qu-16Cを)使用して音楽やTALK用BGMを通話回線に乗せてみたけど割と快適に通話出来るし確実に言えることは普通の電話よりは遥かに高音質。
そしてなにより遅延もないという結果に。
もちろんあくまでIP通話なので利用者が増えたらどうなるって問題はあるけど、日曜夜19時時点では問題なくて、これも今後の検証に値するかなって思っています。


私やっぱり機材触ってるときや技術実験してる時たのしいなー。
某プロの喋り手の人から「こんなに明るく喋るオタクを初めて見た」って言われたけど。
私はやっぱりエンジニア脳。
技術や機材が大好きなのです。
大学、情報ネットワーク学科だったけど、もっと勉強しておけばよかったと切に思う。


VoLTE(HD+)対応端末2台の白ロムと新規のdocomo回線Simカードが届いたらまた追記します。

2020年4月

●4月18日(土曜日)
おしご~とがおわらない。

ところでoffice(WordとかExcelの)をプリインストールではなくてあとから購入するって人への説明って難しいなあと。
まず「Microsoft WordやExcelっていうのはすべてのパソコンに最初から入っているものではない」という説明から、別途買うなら意外と高いって話。
またkingsoft officeとの違い、Word・Excelだけならまだ安価だけどPowerPointも必要ならそこそこ値段するって話。
買い切り型だけじゃなくて、サブスク型も今はあるよって話とか。
そしたらクレカ決済はちょっと…とか言われたり。
説明が難しいって自分で発言してても思うし、詳しくない人には分かりづらいなあとも思う。

ところで今現在での「パソコン買うならどこがいい?」って質問。
本当、ケースバイケースだよねって思います。
メーカーの詳しい電話サポートとか必要な初心者さんだったら国内メーカーが良いだろうし。
海外メーカーでも良いから少しでも安価なものをって人もいるし、いや中古品でも…って人も居る。

私も勧めた以上は責任あるし、色々今の情勢を調べて返答しているつもりだけど。
私は自作派(安いとかじゃなくて組む行為が好き)なので、市販品買うなら正直まず予算と目的聞いて、そこからしか返答難しい。

拡張性がって人も居れば、デザインがって人も居るし。
考え方も買った以上は5年以上使いたいとか、いえとりあえず1年使ったら買い替えるって人も居て。
ほーんと難しい。

さて目の前のお仕事片づけたら、夜食を買いに行くのです。
土曜の夜は長い。(徹夜仕事的な意味で((


●4月17日(金曜日)
あの非接触で温度を測る機械。
最近行く先々の仕事場でおでこにされるんですが、昨日行った会社の入り口でされたら97.5度。
え、わたし死んでんじゃない?

まあそのどうもそこの温度計。
華氏でしか表示されないらしく、そのあとiPhoneのアプリで換算されて通してもらえたんだけど。
「はい、97.5」って言われて崩れ落ちそうになったよ…。
人生油断できない。

DVCをデータ化するのに今更DVCのデッキを買いました。(一番上の)
今自分のお部屋に置いてるけど、新品なんてもう売ってないので中古で買ったらSDIの拡張ボードもついてた。
凄い嬉しい。
このままSDIのキャプチャボックスに入れて使えています。
そしてDVCデッキってカセットアダブタ使えばminiDVも使えること初めて知ったよ。
このアダブタを探しているのですがどこにもなく…。
急ぎじゃないけど、見つけたら仕入れる予定です。


●4月9日(木曜日)
リモートワークだ、自宅業務だって世間がなる中、私みたいな人にくるお仕事は「Zoomの環境構築やMicrosoft Teamsの設定を!」というお話。
中にはSkypeで繋いでるとこもあるみたいだけど、複数人での安定性や低速回線でのビットレート帯域維持はZoomのが良い気がします。
セキュリティの問題が..とか乗っ取りが…とか見るけど、まずパスワードは掛けて使おうよってお話。
技術は大変便利なものだけど、それには使う側の勉強と理解も必要で、それを出来ずして「あれは危ないから」っていうのは違うよねってお話。
まあだから技術屋さんが居るんだけど。

ビデオチャットのシステム構築する時にUSB接続のWebカメラやスマホ・タブレットというのも見た目が説得力ないので(画質は十分だと思ってる..)
見た目の説得力の為に4k一眼カメラのHDMIからキャプチャボード→ビデオチャットアプリへ。
またマイクはオーディオインターフェース通してアプリに入れてノイズが出来る限り乗らないようにして。

そんな環境構築に走り回った今日でした。
ちょっと疲れてしまい帰宅後2時間くらい眠ってたよ。

ところでiVCamって便利ですね。
私、スマホはiPhoneで普段持ち歩くラップトップもMacなので、Mac非対応なのはあんまり使えないって思ってたけど。
Win環境でiVCam試したら遅延は殆どなくて、同セグメントのLAN環境下であれば社内とかでどんなに離れていても即時繋がるのでiPhoneの方のアプリには課金した。笑
なにか活用していけたらいいなって思う。


●4月8日(水曜日)
完全に「技術屋さん」としてのお仕事で、顧客との会話や交渉は営業職の人任せ。
自分は技術担当に専念できるといった状況であれば、必要ないのかもしれないけど。
顧客からのニーズに対して、こちらが「それは出来る」、「これは難しい」、「こんなやり方はどうか」といった説明をしないといけない時。
技術的なことは分からないけど困っている人に対しての分かりやすい説明スキルと、交渉術というのも必要になってきて。
ああ、これを理解してもらうにはどう説明したらいいんだろうって真剣に悩むこともあるのです。

もちろん私の技術スキルが及ばないってこともあるけれど、それはどうしようもないことってことも、説明の仕方次第では相手に不信感や不安感を持たせてしまう。
自分に説明能力や語学力があれば、と悔しい思いがあるとき。
私は元々人が苦手で、やっぱり機械や機材やパソコン相手にずっと黙々とやってきた人なので、これからはこのままじゃいけないけど。
「難しいなあ…」って思うのです。
説明能力と人との会話を長く続けるバイタリティを。()

写真はBlackmagic Designの4kカメラ用のCFastカード。
USB-Cのカードリーダーと共に買い足しました。

アクセス速度が速いってとても大事なこと。
私は動画編集ってAdobe PremiereかFCPの人なんだけど、DaVinci Resolveも勉強しないとねーって思っています。
GPUをフル活用してくれる演算ソフトとしてはやっぱりDaVinci Resolveが一番みたい。


●4月4日(土曜日)
新年度最初の1週間が終わり、怒涛の日々でした。
3月までと違った仕事内容になり、また他の案件も重なり、多分今年に入ってから1番に忙し1週間だったような気がする。
殆ど夜も眠る間もなく働いていたし、この時期コロナウイルス猛威ふるってるから睡眠不足とかで免疫落としたくないんだけど、だからってゆっくり寝ても居られなくて。
正直なんとか乗り切ったって感じで、土曜日の今日。ちょっと安堵してます。
人生においての辛いことや大変なことってそれまでの経験と比較しての最大値が分岐点だと思っていて、「今は大変だけど、あの時に比べたらまだやれる」とか。
「ちょっとこれは今までに経験したことのない大変さだ」って時もそれを乗り越えさえすればそれは次におきる「大変なこと」の時に「あそこまで自分はやれたんだから」って思えるカテになる。
なんだか私はそう考えています。

まだ新年度は始まったばかりだし、正直今日も明日もまた月曜日からも忙しいのだけど、とにかく年度開始1週間は無事に終えたっていうのは事実な訳で。
体調に気を付けながら頑張っていきたいと思います。

2020年3月

●3月28日(土曜日)
BlackmagicDesign 社のBlackmagic URSA Mini 4K EFをお迎えしました。
凄く欲しかった4kカメラのひとつで、とりあえずはキャノンの一眼にレンズキットとしてついてきたEFレンズ取り付けてみたけど、おおむね良好。
しばらくは忙しくて活躍の場はなさそうなんだけど、操作方法の攻略頑張るのです。


●3月27日(金曜日)
コロナウイルスのせいでお仕事の予定が変わる変わる。
増えるとか減るとかじゃないのがまだありがたいけど、直前になって変わるというのも対応に追われて割と大変だったりして。
体調だけは崩さないように気をつけないと、と思っています。

週末はイベント。
シンセサイザー9台+電子ドラム+パーカッションみたいなので、デジ卓とiPadで仕込みが短時間で済めば良いなと。
夜はしっかり眠って、昼間はお仕事頑張るのです。


●3月22日(日曜日)
忙しい週末で食事もまともにとれていなかったので、晩御飯くらいはとカレー屋さんに。
やっぱりナンとラッシーは私を救うと思う()
1枚食べてちょっと物足りないかなとか思いながらお会計して出た直後に「ナン食べ放題!」って書いてあって。
まあ糖質制限中だし良いのだよ。夜だし特に。

20日も過ぎ、本当に年度末。
明日からもっと忙しくなるので今夜は早く眠りたい。


●3月20日(金曜日)
特番の仕事を終え、この週末にずっと行うのはminiDVテープをPCにキャプチャしてDVDにする仕事。
最初1本だけの依頼かと思ったらテープは30本以上あるとのことで1本60分~90分録画のテープを実時間キャプチャしてのDVDオーサリングってなると寝ずにやっても月曜日までに何本仕上がるかちょっと自信がないのです…。
出来る限りやるし、今もPC2台使ってキャプチャとオーサリングしてる。

今回はSONY GV-HD700のHDMI出力からキャプチャデバイスに入れてて、個人撮影のminiDVだからHDCPもなくて取り込めてるんだけど。
最初映像はくるのに音声が来なくて凄い調べました。

あれなんだね。
インターレースとかプログレッシブの違いは当然把握してるし、HDMIをSDIにコンバートするとインターレース化するとかは知ってたけど。
映像が正常にキャプチャ出来てても解像度設定が元データと違うと音声だけ届かないとかあるんだね…。(3時間悩んだ)
最初映像は問題なく映るから1080p/60fpsで取り込んでたんだけど、1080iにしてみたり、関係ないとは思いつつ30fpsにしてみたり。
それでも音は来なくてもうイヤフォンOUTから音だけアナログキャプチャしようかとも思ったけど、映像がHDMIキャプチャならどうしても多少の音ズレが起きるし。
1日特番の日で朝4時起きだったのでアタマ廻ってない夜に一生懸命試行錯誤して、解像度落としてキャプチャデバイス立ち上げたら正常に音がくるようになりました。

録画STARTして、次の瞬間。寝落ちした(((
私起きた時ほぼ下着姿だったよ(パジャマに着替えようとはしたらしい…服とかスカートが散乱してた…)
その後お風呂行って1時間ごとにタイマー掛けて今も作業中です。

1つ1つの案件をこなすたびに知識は増えるからありがたいのだけど、納期迫っている時のトラブルって本当に焦るのです。
それにしても映像って本当に奥が深い。
テレビ放送規格のTS形式やASIも仕様書読んでるけど手に入る文献がほぼ英語ばっかりだし。
頑張って私。


●3月15日(日曜日)
なんかこう積みゲーばっかり貯まっていってて、もうすぐバイオRe3が出るのにRe2始めてなかったのでplay.
VR非対応だけどVRヘッドセットつけて遊んでたら泣きそうになりました。
18歳未満購入禁止のZ versionだもんねうん。
ぐろいっていうか、えぐい((
一番簡単なモードで遊んだけど難しいし怖すぎてなんか無言になった()
人間本当に残酷なシーンみるとなんかこんな感じなんだと思う。

お仕事で頼まれていたBlu-rayをオーサリングすること7枚目。
CD-RもDVD-RもBlu-rayも盤のサイズは同じだけど記録容量が違うってことは密度とか違うわけで。
同じサイズの傷でも読める・読めないって変わってくる。

なにが言いたいかっていうと安物スピンドルは良くないってそんな話。(書き込みミス3枚目)


●3月12日(木曜日)
log間違えて消しちゃっていました。

ASI出力が出来るHD MPEG-2 TSエンコーダとOFDM MODULATOR。
館内有線地デジ配信用に手配。
凄く重いのだけど佐川のお兄さんが持ってきてくれました。
まもなくDTV MULTI SIGNAL GENERATORも届く予定。

凄くおなかの痛い日でした。
早く休もう。


●3月11日(水曜日)
Resolume Arena使ってのプロジェクションマッピング用にBarco RLM R6+ Performer DLP Projectorを導入。
BlackmagicDesignのコンバータ使ってPCのHDMIをSDIに。
プロジェクターにはSDIでinみたいな配線で今のとこ無事稼働出来ていたりします。
機材が凄く重たいので1人では運べないけどやっぱり海外製の業務用機材は安定してるし頼れる素敵。

今日は月末リリースのPHPサイトの打ち合わせと、同時デプロイするWebアプリの打ち合わせ。
そろそろサーバ移動準備に掛からないと多分私月末非常に酷いスケジュールになるよ。
年度末。
コロナウイルスの所為でバタバタしてるけどいまのとこ私は健康です。


●3月9日(月曜日)
なんでか知らないけどAT-Xで最近ずっとシスプリやってるので作業しながら見てたりします。
最近の仔ってシスプリもでじこも知らないからお姉さんとっても悲しい((
18歳の仔連れてゲマズに行くと店頭入り口のでじことかぷちこ見て「これ何のキャラですか?」
\( ‘ω’)/…もふ
まあ私も最近大人気らしい鬼滅の刃はよく知らない。
なんかこう絵柄がもっと可愛いのが良い。()

通常業務のあと打ち合わせをして今夜はずっとPC作業。
アニソン聴きながら頑張るのです。


●3月6日(金曜日)
映像コネクタの主流はSDIとか、HDMIとかだけど、施設の映像ソースを扱うときは今でもRCAやBNCのSDソースもあって、キャプチャキットを買いました。
Macで使えてH.264キャプチャ出来るものって少ないんだよね。
BlackmagicDesignのものなので結構信頼して買ってみたんだけど、自宅だとビデオソースってなくて動作検証はまた後日。

リモートワーク推進でビデオチャットとかSkypeとかMicrosoftTEAMSの使い方指南に明け暮れています。


●3月5日(木曜日)
新型コロナウイルスが猛威を奮ってますね。
1日中マスクつけているのはメガネな私にはちょっとつらい。
コンタクトしたままずっとパソコンしてるの目が疲れるんだよね…。
早く収束してほしいものです。

ZOZOMATT届いたので使ってみた。
私やっぱり24cmとかで良かったんだ。


●3月4日(水曜日)
仕事で手掛けているWordPressサイト構築。
releaseが月末なので追い込みに掛かっています。
開発環境に仮サイト立ち上げて動作検証して動かしたあと、本鯖に入れ替えるんだけど、入れ替え1日で終わるかなって内容に。
ローンチからデバックまで全部1人作業なので構築中は4台のモニタに囲まれて作業しています。
プレビューとダッシュボードと素材管理と参考サイトみたいな感じで。
これでrelease前にはマニュアルも作るんだ…私頑張る。((

構築作業に並行してMDをデータに起こす作業してます。
懐かしい素材がたくさん。


●3月3日(火曜日)
今年のお正月すぎたあたりから糖質制限ダイエットしているんですが、炭水化物が摂れないって結構メニューが限定されたりする事実。
お肉食べれるし、野菜食べれるから早く辞めたいとかはないんだけど、いい加減メニューもマンネリ化してきたのでファミレスに。

今のガストって注文タブレットなんだあ…。
支払もPayPayで済ませて店員さんとの会話がほぼなかったです。
賛否両論かもだけど私は食事は静かに食べたい派なので好きですこういうの。

残り1ヵ月で普段の仕事styleが凄く変わる。
今のうちに出来る準備はしておこうと思う。

2020年2月

●2020年2月22日(土曜日)
朝から自宅サーバPCの電源が落ちていて、取り出したいファイルが取り出せないままお仕事へ。
動画管理とファイルサーバだったので電源が入らないって大打撃。
自宅はVPNも立ててて普段遠隔からでもデータを取り出せるようにしているのだけど、電源が入らないってそれ以前の問題で。
帰宅後に調べたらマザボがお亡くなりになっていました。
さよならは突然に。

パソコン工房で7980円のUSB3.1 Gen2対応マザボを買って取り換えて今再設定しています。
同時にMacBookProのリカバリもしながら。

自宅から職場のVPNに繋がらなくて緊急対応としてリモートデスクトップで遠隔地のVPNルーター再起動したり、最近トラブルが多い…。
年度末。
コロナウイルスでテレワーク推奨はいいんだけど、快適な回線あってのことだと思うので多忙時のトラブル防ぐためにも日々のメンテを。


●2020年2月18日(火曜日)
福岡で1泊2日の研修会でした。
ちょっと前まで暖かい日々だったのに研修会の日になって寒い寒い..。
粉雪みたいなのまで降るし1日目の後は早々にビジネスホテルに引き上げて暖を取る。
翌日また研修の続き受けて試験に臨むみたいな感じで。
結果はどうなのかなー。自己採点ではなんともいえない。
結果発表は4月に。
また明日から日常業務に戻るのです。


●2020年2月13日(木曜日)
体調悪いとかじゃないし元気なんだけど、最近あまり食欲がないのです。
朝は食べずにお昼と夜に食べてるけど、少し食べたらもうお腹いっぱいに。
元気してるから良いし、生活コスパも良いのだけども。

お仕事が立て込み、月内にphpベースのサイトの再構築と操作マニュアルを上げないといけません。
大学時代は徹夜してこういうのやってたんだけど、今は毎朝4時半起きで会社行ってるから夜は酷く眠くて。

静かな夜中って集中出来るんだけど頑張って私。

Ys2の名曲


●2020年2月11日(火曜日)
バレンタインに手作りのモノをって、したことなんてない私は調理師免許保有者。
調理師とは一切関係ないお仕事をしているけれど、お料理は好きです。

バレンタインのお買い物をして、先日のお仕事で撮影していた4k動画をBlu-rayとDVDにダウンコンバートして届けて今日はそんな日。
動画のEncodeにグラボのGPUを使ってRADEONの有り難みを感じてる。
Radeon R9 295X2 水冷GPU→メインマシンに載せてる仔


●2020年2月10日(月曜日)
ウォーターサーバのメンテナンス時期という封筒が届いて手続き。
サーバごと新品に交換してもらったんだけど、一緒に水タンクが8本もついてきて階段1段ずつに1本ずつ水タンクが並んでいます。
備蓄万歳。

私意識しないと水分摂らない人なので2階の自分のお部屋の近くにサーバ置いて目に入ったら飲むようにしてる。

macOS Catalina update後にmacOS Mojaveでリカバリする覚え書き

2019年10月8日にreleaseされたmacOS Catalina(マックオーエス カタリナ)。
近くにあるiPadをOS標準機能でサブディスプレイに出来たりする便利なOSなのだけど、64bitアプリケーションしか起動できないようになり、macOS Mojaveからupdateしたあとは32bitアプリがことごとく起動不可になってしまった私のdowngrade覚え書き。

一度Catalinaにしてしまうとシステムリカバリの際にそのPC購入時にプリインストールされていたOSか、もしくはCatalinaしか選べなくなってしまうので、購入時にHigh Sierraとかそれ以前のversionがインストールされていた場合、Mojaveに戻したいときにとても手間なので自分メモも含めて。


ちなみに通常のシステムリカバリのやり方は、以下の手順でok.
▼インターネットから最新バージョンのmacOSをインストールする
Option+Command+Rキーを押したままにして、回転する地球儀のアイコンが表示されたらキーを放す。

▼インターネットからコンピュータの元のバージョンの(購入時と同じの)macOSを再インストールする
Shift+Option+Command+Rキーを押したままにして、回転する地球儀のアイコンが表示されたらキーを放す。
※コンピュータに付属していたmacOSの最新バージョンがそのバージョンで入手できるアップデートを含めて再インストールされる。


今回の手順、やることとしては
①Mac App StoreからMojaveをダウンロード
②ターミナルコマンドを使用してUSBフラッシュメモリにインストーラーを書き出し
③出来たUSBフラッシュメモリからリカバリ
という手順になります。

つまりCatalinaが正常動作していることと16GB以上のUSBメモリーがあることが条件。

Catalinaが正常動作していなくてMac App Storeも使えないとかいう場合はまずCatalinaをクリーンインストールして①と②を行う必要があります。

ただしこのUSBフラッシュメモリにインストーラーを書き出す作業はリカバリを行いたいPCで行わなくても大丈夫。
MacPCが2台あるよって人はリカバリしようとしているPCが起動不可でも正常動作するPCでリカバリUSBを作ってそれを利用しても問題ありません。


App StoreからMojaveのダウンロード
↑MacOSが正常動作しているPCから上記リンクをクリックしてMojaveのインストーラーをダウンロードします。
ダウンロード後はインストーラーが自動起動する場合もあるけど、その時はウインドウを閉じます。

②ターミナルコマンドを使用してUSBフラッシュメモリにインストーラーを書き出し
16GB以上のUSBフラッシュメモリを用意。
新品のものでなくて良いけれど、中身はすべて消えてしまいます。
また事前にディスクユーティリティを使用して「MacOS拡張」形式でフォーマットしておくこと。
購入したばかりの新品はFAT32やexFAT形式でフォーマットしてある場合が殆どなので忘れずに。

USBフラッシュメモリをPCに差し、必要に応じてフォーマット後、ターミナルを開きます。
※ターミナルはアプリケーションフォルダ内のユーティリティの中にあります。

ターミナルのウインドウの中に以下の文をコピペします。
sudo /Applications/Install\ macOS\ Mojave.app/Contents/Resources/createinstallmedia –volume /Volumes/MyVolume

上記の最後の“/”のあとの“MyVolume”がUSBフラシュメモリのボリューム名になります。
必要に応じてこの部分は変更してコピペして下さい。

コマンドを入力したら「return」キーを押します。
プロンプトが表示されたら、管理者のパスワードを入力し、「return」キーをもう一度押します。
※ターミナルでパスワードを入力する際、画面上には何も表示されません。

プロンプトが表示されたら、「Y」と入力して、ボリュームを消去することを確定し、「return」キーを押します。
インストーラの作成状況がターミナルに表示されます。

数分後、ターミナルに処理が終わったというメッセージが表示されたら、ボリュームの名前が、ダウンロードしたインストーラと同じ名前になります。
この時点で、ターミナルを終了し、ボリュームを取り出せます。


あとはリカバリするPCにこのUSBフラッシュメモリを刺し、電源投入時に「option」キーを押したまま起動ドライブの選択画面から今作成したものを選択すればMojaveのインストーラーが起動します。

新しいOSは良いものだけど、どうしても仕事で使うアプリが未対応であれば旧バージョンを使い続けるしかないので、そんな時の覚え書きでした。

2019年10月

●2019年10月8日(火曜日)

新しいmacOSのCatalinaが配信されていたのに気付いたのが朝の生放送中。
ダウンロードくらいは仕事しながら裏でやっておいて、時間が出来たらインストールしようとしていたのに容赦なく始まる強制終了とインストール。
しかもACアダプタを会社に持って行ってなくてインストールの途中で電源落ちたらどうしようってなりながら一応は無事に終わる。

…パソコンないと仕事にならないって日じゃなくて良かった。
(インストール中はiPadで原稿書いてた)

インストール後ですが、sidecarだっけ?
iPadがサブディスプレイになるのは本当便利だと思う。
反応速度も悪くないし、実用性に耐えうると思うし、使っていきたい機能。

だけどWi-FiだけじゃなくてBluetoothも使って相互通信してるのかな~。
Wi-Fiは確実に届いているのにmacからiPadを離すと15mくらいで切断されました。
サブディスプレイとしてなら基本的にmacの隣にiPad置くから問題ないけど、これから色々使っていきたいです。

あとはソフト側の新os対応状況が気がかり。
アップデートしただけでいくつか使えなくなったソフトはあったし。
osの安定性検証も含めて今後使っていきます。

まずは帰宅してから再度クリーンインストール中。
明日の朝までに仕事環境整えてから今夜は休みます。

2019年9月


●2019年9月30日(月曜日)

先週一週間が凄く仕事スケジュールの詰まった日程で、睡眠時間2時間の日とかが続いて体調も崩し気味だったのですが、1日しっかり眠れば元気になれたの凄く嬉しいのです。私もまだ若いと。((
経験を積めば手に入るのは知識と技術だけではなく、余裕も得られると信じたい。
同時に出来ることなんて限りがあるけれど、優先順位を冷静に判断して頭の中のタスク整理を。
今日もお仕事を頑張るのです。
毎年秋は忙しい。
***
増税前のお買い物ということでデジタルミキサーを買いました。
Allen&HeathのQu-16cという仔。
USBでのMIDIコントロール(信号送受信)で照明DMX制御が出来たり、オーディオインターフェースになったり。
iPadでのコントロールや卓でのUSBメモリーへの録音が出来たり。
まだ使いこなせていない部分もあるけれど、一通りのことは勉強しました。

最初どうしてもiPad側にQu-16cが出てこなくてDHCPいじったり凄く試行錯誤してたんだけど、新品のルーター使ったのでルーター側の初期設定が終わっておらず、一生懸命インターネットに繋がらないよーと接続試行していたのが原因というオチ。
ルーター外側のスイッチをAPモードに切り替えてはいたけど、それでも最初PCに繋いで初期設定は済ませないといけなくて。
横着しちゃいけないというお勉強になりました。
***
明日から10月。
あんなに暑かったのに朝晩涼しいのが凄い嬉しくて、お家の前の自販機に温かいのが並ぶのを割と毎朝待ってます。

2019年8月


●2019年8月12日(月曜日)
7月という仕事の忙しい時期に引っ越しを決めて、新居入居日から旧居退去日までの期間が2週間弱という無茶振りをする。
荷物が少なかったらそれでも問題ないのかもしれないけれど、「大東建託 退去日 延長」で検索するくらいには「間に合わないかも…」って修羅場ってました。

がんばったよ私。
引越し業者にお願いしたら良いのかもしれないけど、平日の夜間に引っ越し対応してくれる会社って多分ないもんね。
1日も仕事に穴を開けず、引っ越しが終わり、今は新居を片付ける日々。
新居は嬉しいし、お風呂も広くなったけれど家の目の前の自販機が私の冷蔵庫と化しています。
スコール美味しいよスコール。(乳飲料好き)

Hewlett-Packardのサーバが2台。
車に乗ったまま、2週間が過ぎました。
重いんだ…この仔達は。
30kgくらいともう一台は多分50kg近い…。
どうやって家に入れようか、どうやって2階に上げるのか。

…人を召喚しないと無理だと思う。

2019年6月


●2019年6月8日(土曜日)
こんにちは&はじまして(・∀・)!!!

珠洲城ねこむです。
普段は放送局で技術者してたり音楽のレコーディングエンジニアしてたり。
あとサーバ・インフラ関係のエンジニアしてたりします。
なんでも屋さん。
ここは日記置き場。
***
直接会ったり電話の打ち合わせと違って、メールやLINEの文字だけのやり取りって誤解も起こりやすい。
笑って済ませられるような行き違いだったからまだ良かったけど文字だけで他人の真意を汲み上げるってとても難しいこと。

最近、遠隔地の映像をリモートで見るのに何が一番なのか模索してます。
今のところUSBWebカメラ+Skypeの自動着信環境とか、HDMIキャプチャ+カメラ+Skypeの自動着信環境とかそんなのがいいのかなって。
どんな接続環境でもスムーズに繋がって、高画質で、遅延なくてっていうと意外と大変。
早速今日の昼間設置した端末に今(夜)アクセス出来なくなったけど…。
明日見に行かなきゃ。

FF14始めました。
ネトゲはRO以来久しぶり。
クエストこなして順調にlv上げてきているけど、そろそろ1人で進めるのも楽しくない。
せっかくのネトゲなんだから人と触れ合いたい。
そしてROのサイト見てたら今って課金アイテムで一気にlv170になるチケットあるんだね。
課金しなくてもログインは出来る期間みたいだからちょっと遊んでみる。

昼過ぎに帰ってきて、ちょっと在宅お仕事して、夕方から少し眠って、今ぼーっと。
エアコンないと暑い、つけると寒い。理不尽万歳。

オススメのWordPress pluginについて紹介

久しぶりに自分用のPortfolioを作ったので、制作過程での私が使用しているpluginについて紹介します。
順次追加していくのだけど、WordPressのUpdateに伴って使用不可になったり、動作不安定になったりすることもあるので注意。
また、リンクについては詳しい使用方法を含めた解説ページに貼らせていただいています。

●Classic Editor
Wordpress5.0になって、投稿画面が以前のものからすごく変わりました。
新しくこのVersionからWordPressを始めた人は慣れるのかもだけど、昔から使っていた私には酷く使いにくくて、(Editor使えばいいんだけど…)このpluginを導入。
これを入れると以前の投稿画面に戻って、(私は)使いやすくなります。
やっぱり新しいものより「慣れているもの」の方が結果的に便利だったり、早かったり、間違いが少なかったりするから、新しい投稿画面に慣れないって思っている人にはとても良いと思います。

参考リンク
WordPressの投稿作成画面を昔のエディタに戻す
https://arutega.jp/wp-classic-editor/

●All-in-One WP Migration
WordPressのServerとかドメイン間お引越しソフト。
標準機能としてImport/Exportの機能はあるんだけど、この機能使っても画像が一部しかExportしてくれなかったりなにかと不完全。
でもこのpluginを使ったら(私の環境では)完璧に移行してくれます。
Clientさんからの発注でSite作る時って既存のSiteがある場合はまず自分の開発環境の中でSiteのcodingしてからデバック後にClientさんのドメインに移行をしているのだけど、その時に不完全な状態で移行するのであればデバックの意味がないし。
このpluginで完全移行するのが安心だと思っています。
ただ一つ気をつけないといけないのが、画像ファイルを含めてトータルファイルサイズが512MB以下でないといけないということ。
これを超えた場合はExport時に画像ファイルのチェックを外して、後からFTPソフトとかで画像だけUPみたいな流れになると思います。
あとはpluginの有料版買ってもいいんだけど、FTPでやるのもそんなに手間ではないと思う。

参考リンク
WordPressの移管・引っ越しはAll-in-One WP Migrationが最速で安全だった
https://arutega.jp/all-in-one-wp-migration/

●EWWW Image Optimizer
EXIF(“えぐじふ”とか“いぐじふ”って読むみたい)というものがあって、Exchangeable image file formatの略なのだけど、これは写真(画像)ファイルにメタデータを埋め込む規格のようなもの。
デジカメやスマホで写真を撮った時に出来上がった写真には撮影機材の機種や撮影設定が埋め込まれているものがあり、それがスマホや一部のデジカメの場合、設定次第では搭載GPSからの撮影位置情報まで写真に埋め込んだりするものもあります。
自宅で撮った写真をBlogに載せて公開したらその写真をダウンロードした人がEXIFを解析して(簡単にできる)自宅を特定しちゃったりとか、そんなことも世の中では過去にはあったみたい。
もっとも、最近では大手BlogサービスやSNSではuploadの際にこのEXIFを自動削除するものが殆どみたいだけど、WordPressの場合は自衛が必要なので。
このpluginを有効化しておくとEXIFを自動削除してくれます。
また併せて画像圧縮の設定もあるので、詳しくは参考リンク先にて。

参考リンク
WordPressでEXIF情報を自動削除してくれるプラグイン「EWWW Image Optimizer」
https://bacque.biz/archives/5923

●WP Maintenance Mode
WordPressでサイトを作る時、実際のプレビュー画面で動作や表示を確認しながら作っていく場合、まだ未完成のサイトを他の人に見てほしくない。
けれどプレビューしながらじゃないと動作確認が出来ないといった場合。
このplugin「WP Maintenance Mode」をインストールして、設定ページから「有効or無効」を選ぶだけで公開・非公開を切り替えることが出来ます。
有効にしていた場合、一般の人からは「只今メンテナンス中です」と表示されるだけ。
自分が確認するためにはダッシュボードに自分がログインさえしていればプレビューページでも表示・動作の確認をすることが出来ます。

ダウンロードはpluginの追加・検索ページで「WP Maintenance Mode」と検索してインストール。
インストールしただけでは無効状態なので、設定ページから有効化をお忘れなく。

●Instagram Feed
InstagramのFeed(投稿した画像データ)をWordPress上に表示するplugin。
ブラウザから先にInstagramにログインした後、pluginのインストールページからインストールして有効化すれば設定としてはok。
あとは固定ページとか記事ページに埋め込み用のショートコードをコピペしたら表示されます。

参考リンク
InstagramのフィードをWordPressに表示させる連携プラグイン「Instagram Feed」の設定方法
https://naitoisao.com/23832/

●VK All in One Expansion Unit
さまざまな機能を備えた統合プラグイン
どんなWordPressのテーマにも様々な機能を追加することができ、欲しい機能だけON、いらない機能はOFFに出来るプラグインで、テーマのウィジェットに様々な機能を追加出来ます。

参考リンク
すごく高機能なプラグイン「VK All in One Expansion Unit」を使ってみる
https://lifeworkpress.site/about-vk-all-in-one-expansion-unit/

●PDF Embedder
記事ページや固定ページにPDFをお好みの幅と高さで埋め込めるプラグイン

参考リンク
WP記事内にPDFを簡単埋め込み!「PDF Embedder」の使い方
https://fukuro-press.com/wordpress-plugin-pdf-embedder/

●Post Expirator
記事に対して利用期限日時を設定可能にします。利用期限切れ時に記事の削除、下書きへの変更、カテゴリーの更新などが可能になります。
期限切れ後は非公開か投稿ページの場合はカテゴリーの自動変更も出来ます。

参考リンク
公開期限付きの記事執筆に役立つWordPressプラグイン「Post Expirator」
https://design-plus1.com/tcd-w/2018/01/post-expirator.html

—–

About Me

エンジニア兼音響技術家「ねこむ」のポートフォリオ(自己紹介や作品紹介)サイトです。
I’m Nekomu, a programmer and sound technician. This website is my portfolio.