オススメのWordPress pluginについて紹介

久しぶりに自分用のPortfolioを作ったので、制作過程での私が使用しているpluginについて紹介します。
順次追加していくのだけど、WordPressのUpdateに伴って使用不可になったり、動作不安定になったりすることもあるので注意。
また、リンクについては詳しい使用方法を含めた解説ページに貼らせていただいています。

●Classic Editor
Wordpress5.0になって、投稿画面が以前のものからすごく変わりました。
新しくこのVersionからWordPressを始めた人は慣れるのかもだけど、昔から使っていた私には酷く使いにくくて、(Editor使えばいいんだけど…)このpluginを導入。
これを入れると以前の投稿画面に戻って、(私は)使いやすくなります。
やっぱり新しいものより「慣れているもの」の方が結果的に便利だったり、早かったり、間違いが少なかったりするから、新しい投稿画面に慣れないって思っている人にはとても良いと思います。

参考リンク
WordPressの投稿作成画面を昔のエディタに戻す
https://arutega.jp/wp-classic-editor/

●All-in-One WP Migration
WordPressのServerとかドメイン間お引越しソフト。
標準機能としてImport/Exportの機能はあるんだけど、この機能使っても画像が一部しかExportしてくれなかったりなにかと不完全。
でもこのpluginを使ったら(私の環境では)完璧に移行してくれます。
Clientさんからの発注でSite作る時って既存のSiteがある場合はまず自分の開発環境の中でSiteのcodingしてからデバック後にClientさんのドメインに移行をしているのだけど、その時に不完全な状態で移行するのであればデバックの意味がないし。
このpluginで完全移行するのが安心だと思っています。
ただ一つ気をつけないといけないのが、画像ファイルを含めてトータルファイルサイズが512MB以下でないといけないということ。
これを超えた場合はExport時に画像ファイルのチェックを外して、後からFTPソフトとかで画像だけUPみたいな流れになると思います。
あとはpluginの有料版買ってもいいんだけど、FTPでやるのもそんなに手間ではないと思う。

参考リンク
WordPressの移管・引っ越しはAll-in-One WP Migrationが最速で安全だった
https://arutega.jp/all-in-one-wp-migration/

●EWWW Image Optimizer
EXIF(“えぐじふ”とか“いぐじふ”って読むみたい)というものがあって、Exchangeable image file formatの略なのだけど、これは写真(画像)ファイルにメタデータを埋め込む規格のようなもの。
デジカメやスマホで写真を撮った時に出来上がった写真には撮影機材の機種や撮影設定が埋め込まれているものがあり、それがスマホや一部のデジカメの場合、設定次第では搭載GPSからの撮影位置情報まで写真に埋め込んだりするものもあります。
自宅で撮った写真をBlogに載せて公開したらその写真をダウンロードした人がEXIFを解析して(簡単にできる)自宅を特定しちゃったりとか、そんなことも世の中では過去にはあったみたい。
もっとも、最近では大手BlogサービスやSNSではuploadの際にこのEXIFを自動削除するものが殆どみたいだけど、WordPressの場合は自衛が必要なので。
このpluginを有効化しておくとEXIFを自動削除してくれます。
また併せて画像圧縮の設定もあるので、詳しくは参考リンク先にて。

参考リンク
WordPressでEXIF情報を自動削除してくれるプラグイン「EWWW Image Optimizer」
https://bacque.biz/archives/5923

●WP Maintenance Mode
WordPressでサイトを作る時、実際のプレビュー画面で動作や表示を確認しながら作っていく場合、まだ未完成のサイトを他の人に見てほしくない。
けれどプレビューしながらじゃないと動作確認が出来ないといった場合。
このplugin「WP Maintenance Mode」をインストールして、設定ページから「有効or無効」を選ぶだけで公開・非公開を切り替えることが出来ます。
有効にしていた場合、一般の人からは「只今メンテナンス中です」と表示されるだけ。
自分が確認するためにはダッシュボードに自分がログインさえしていればプレビューページでも表示・動作の確認をすることが出来ます。

ダウンロードはpluginの追加・検索ページで「WP Maintenance Mode」と検索してインストール。
インストールしただけでは無効状態なので、設定ページから有効化をお忘れなく。

●Instagram Feed
InstagramのFeed(投稿した画像データ)をWordPress上に表示するplugin。
ブラウザから先にInstagramにログインした後、pluginのインストールページからインストールして有効化すれば設定としてはok。
あとは固定ページとか記事ページに埋め込み用のショートコードをコピペしたら表示されます。

参考リンク
InstagramのフィードをWordPressに表示させる連携プラグイン「Instagram Feed」の設定方法
https://naitoisao.com/23832/

About Me

エンジニア兼音響技術家「ねこむ」のポートフォリオ(自己紹介や作品紹介)サイトです。
I’m Nekomu, a programmer and sound technician. This website is my portfolio.