生放送や収録をスタジオと遠隔地で行う際の音質に関する考察

●前置き 4歳の頃からパソコンに触らない日はないような生活をし、小学4年生の夏休みの工作は自作パソコン。 当時ダイアルアップ環境の中、メモ帳でHTMLを書きWebサイトを作ったのが5年生。 そんな生い立ちで今はシステムエンジニアとして生活している私。 実は両親が経営する制作会社で、同じく小学生くらいの頃から放送機材に触れ、アニメのレコードのピッチを変えてオープンテープに落とすみたいな作業が出来る環境に居たため音響機材が大好き。 結果的に今、音響・放送の現場でもお仕事をしていたりします。 キャリアとしては音響業、レコーディング業の方が長くて、一般社団法人 日本音響家協会の認定技術資格や、同じく仕事で使うから公益社団法人 日本照明家協会の認定技術資格も持っているのだけど。

この春から新たに放送のお仕事任せて頂いたので、今回はそれに纏わるお話。 あ、ラジオ放送でのお話です。 テレビ業界も大変みたいだけど今回はラジオのお話。

放送局のスタジオっていうのは、外からの音が入るのを防止したり、中の音が漏れるのを防止したりする必要がある為、基本的に密閉閉鎖された空間です。 でもこのコロナウイルス事態で、そうも言っていられず、地方局・中央局問わずに喋る人はスタジオに1人、他の相手は自宅から遠隔出演なんて状況が特に珍しくもなく行われていたりします。

場合によっては製作陣・技術陣だけ放送局に居て、喋る人(出演者)は自宅から、なんて状況もあるみたい。 とにかくまず今はそんな状況がある、というが前提でのお話。

そんな中、じゃあどうやってスタジオと個人宅を繋ぐか、という問題が出てきます。 スタジオと中継現場とか、本社スタジオとサテライトスタジオ、とかならISDNを使った音声コーデックや、光IPコーデックで双方向接続が一番良いのだけど、相手が個人宅ならそうもいかない。 今は個人宅に固定回線がない人も居るし、まして今更ISDNを個人宅で使用している人は皆無な気がするし。

ではどうするか。 一番簡単なのは電話で、あとはSkype、LINE電話、Zoom、そんなのがまず思いつく方法。

●電話の場合 スタジオの固定回線と喋り手の携帯電話もしくは固定電話と繋ぐパターンが多いのだけど、この方法での問題点は音質。 標準音質の音声通話(3.4kHz帯域)だとスタジオの機材に繋いだ時に明瞭さに欠けるし、本当に最終手段。 お仕事なんだから気にするのも違うのかもだけど、厳密にいえば1分1秒通話料金が掛かるという点もあるし。

●SkypeやLINE電話、Zoomの場合 音質は条件さえそろえば電話よりは遥かに良いと私は思っています。 この条件というのが人によって環境が違うからすべての人の同意を得られないけれども。 PCにアプリを入れ、オーディオインターフェースや外部マイクを適切に接続、設定し、もっと言うならコンプリミッターも繋ぎ、回線の品質が良く、かつその通信サービス(SkypeやZoom)のサーバが混み合っていないというのが条件。

この、適切な機材と適切な環境を送り手と受け手の両方が準備するというのが現実問題として難しかったりして。 または使用者のスキル不足もあったりで、現場で求められる「いつでもどんな時でも安定して高音質」というものの実現が難しかったりするのです。 スタジオは技術さん(技術専門スタッフ)居るけどね。 遠隔地の出演者に同じスキルを求めるのも現実問題難しい部分もあるので。

あと、音質は置いておくとしても遅延の問題。 調子が良い時は遅延はほぼなくても、長時間通話したり、通話(通信)中に回線品質が落ちると遅延や、最悪接続が切れてしまう。 これはもう放送事故な訳です。 こんな状況だから仕方ないとはいいつつも、放送中に切れたらこれはやっぱり放送事故。 安定性・確実性に欠けるのがこのSkypeやLINE電話、Zoom。

まあもちろん今後状況は変わって品質や安定性はいずれ上がるとは思います。 現実に数年前に比べたら今は格段に音質も安定性も遅延の少なさも良い。 ただ、あくまで今は不完全な部分もあると私は思っています。

そうそう、今更だけど今回のお話は「いかに音声を高音質で遅延なくお互いの場所に届けるか」という話です。 映像も必要とかいう場合はこの環境にプラスして、別の端末でSkypeとかZoomとかLINEのビデオ通話でビデオチャットすれば良いと思うし。 「じゃあトークバックは..」という話は「もう1回線別に繋げばいいんじゃないかな」というそういう解決案の方向で進めさせて下さい。

で、長文になってきたけど、ここからが「じゃあどうするのか」というお話。 これから先書くことは「あくまで私が自己責任のもと、自分の番組で必要に迫られたら私ならこうする」というお話。 決して人に勧めているのではなくて、「こういう方法もあります」という。 今、全国で、いえひょっとしたら世界中で放送局のエンジニアがこんな状況でどうやろうと悩んでいて、その中で様々なアイディアが生まれている中、「私が現場技術スタッフならこうやるよ」ってお話。

まず一つ目。 HD VoIPを使用してみる方法。 まずVoIPというのはVoice over Internet Protocolの略で、厳密にはちょっと違うのだけど、誤解を恐れずに書くと、TCP/IPネットワークを介して、デジタル化された音声を送受信したり、呼び出し、切断したりする呼制御技術を含めたものの総称。

[…]

macOS Catalina update後にmacOS Mojaveでリカバリする覚え書き

2019年10月8日にreleaseされたmacOS Catalina(マックオーエス カタリナ)。 近くにあるiPadをOS標準機能でサブディスプレイに出来たりする便利なOSなのだけど、64bitアプリケーションしか起動できないようになり、macOS Mojaveからupdateしたあとは32bitアプリがことごとく起動不可になってしまった私のdowngrade覚え書き。

一度Catalinaにしてしまうとシステムリカバリの際にそのPC購入時にプリインストールされていたOSか、もしくはCatalinaしか選べなくなってしまうので、購入時にHigh Sierraとかそれ以前のversionがインストールされていた場合、Mojaveに戻したいときにとても手間なので自分メモも含めて。

ちなみに通常のシステムリカバリのやり方は、以下の手順でok. ▼インターネットから最新バージョンのmacOSをインストールする Option+Command+Rキーを押したままにして、回転する地球儀のアイコンが表示されたらキーを放す。

▼インターネットからコンピュータの元のバージョンの(購入時と同じの)macOSを再インストールする Shift+Option+Command+Rキーを押したままにして、回転する地球儀のアイコンが表示されたらキーを放す。 ※コンピュータに付属していたmacOSの最新バージョンがそのバージョンで入手できるアップデートを含めて再インストールされる。

今回の手順、やることとしては ①Mac App StoreからMojaveをダウンロード ②ターミナルコマンドを使用してUSBフラッシュメモリにインストーラーを書き出し ③出来たUSBフラッシュメモリからリカバリ という手順になります。

つまりCatalinaが正常動作していることと16GB以上のUSBメモリーがあることが条件。

Catalinaが正常動作していなくてMac App Storeも使えないとかいう場合はまずCatalinaをクリーンインストールして①と②を行う必要があります。

ただしこのUSBフラッシュメモリにインストーラーを書き出す作業はリカバリを行いたいPCで行わなくても大丈夫。 MacPCが2台あるよって人はリカバリしようとしているPCが起動不可でも正常動作するPCでリカバリUSBを作ってそれを利用しても問題ありません。

①App StoreからMojaveのダウンロード ↑MacOSが正常動作しているPCから上記リンクをクリックしてMojaveのインストーラーをダウンロードします。 ダウンロード後はインストーラーが自動起動する場合もあるけど、その時はウインドウを閉じます。

②ターミナルコマンドを使用してUSBフラッシュメモリにインストーラーを書き出し 16GB以上のUSBフラッシュメモリを用意。 新品のものでなくて良いけれど、中身はすべて消えてしまいます。 また事前にディスクユーティリティを使用して「MacOS拡張」形式でフォーマットしておくこと。 購入したばかりの新品はFAT32やexFAT形式でフォーマットしてある場合が殆どなので忘れずに。

USBフラッシュメモリをPCに差し、必要に応じてフォーマット後、ターミナルを開きます。 ※ターミナルはアプリケーションフォルダ内のユーティリティの中にあります。

ターミナルのウインドウの中に以下の文をコピペします。 sudo /Applications/Install\ macOS\ Mojave.app/Contents/Resources/createinstallmedia –volume /Volumes/MyVolume

上記の最後の“/”のあとの“MyVolume”がUSBフラシュメモリのボリューム名になります。 必要に応じてこの部分は変更してコピペして下さい。

コマンドを入力したら「return」キーを押します。 プロンプトが表示されたら、管理者のパスワードを入力し、「return」キーをもう一度押します。 ※ターミナルでパスワードを入力する際、画面上には何も表示されません。

プロンプトが表示されたら、「Y」と入力して、ボリュームを消去することを確定し、「return」キーを押します。 インストーラの作成状況がターミナルに表示されます。

数分後、ターミナルに処理が終わったというメッセージが表示されたら、ボリュームの名前が、ダウンロードしたインストーラと同じ名前になります。 この時点で、ターミナルを終了し、ボリュームを取り出せます。

あとはリカバリするPCにこのUSBフラッシュメモリを刺し、電源投入時に「option」キーを押したまま起動ドライブの選択画面から今作成したものを選択すればMojaveのインストーラーが起動します。

新しいOSは良いものだけど、どうしても仕事で使うアプリが未対応であれば旧バージョンを使い続けるしかないので、そんな時の覚え書きでした。

[…]

オススメのWordPress pluginについて紹介

久しぶりに自分用のPortfolioを作ったので、制作過程での私が使用しているpluginについて紹介します。 順次追加していくのだけど、WordPressのUpdateに伴って使用不可になったり、動作不安定になったりすることもあるので注意。 また、リンクについては詳しい使用方法を含めた解説ページに貼らせていただいています。

●Classic Editor Wordpress5.0になって、投稿画面が以前のものからすごく変わりました。 新しくこのVersionからWordPressを始めた人は慣れるのかもだけど、昔から使っていた私には酷く使いにくくて、(Editor使えばいいんだけど…)このpluginを導入。 これを入れると以前の投稿画面に戻って、(私は)使いやすくなります。 やっぱり新しいものより「慣れているもの」の方が結果的に便利だったり、早かったり、間違いが少なかったりするから、新しい投稿画面に慣れないって思っている人にはとても良いと思います。

参考リンク WordPressの投稿作成画面を昔のエディタに戻す https://arutega.jp/wp-classic-editor/

●All-in-One WP Migration WordPressのServerとかドメイン間お引越しソフト。 標準機能としてImport/Exportの機能はあるんだけど、この機能使っても画像が一部しかExportしてくれなかったりなにかと不完全。 でもこのpluginを使ったら(私の環境では)完璧に移行してくれます。 Clientさんからの発注でSite作る時って既存のSiteがある場合はまず自分の開発環境の中でSiteのcodingしてからデバック後にClientさんのドメインに移行をしているのだけど、その時に不完全な状態で移行するのであればデバックの意味がないし。 このpluginで完全移行するのが安心だと思っています。 ただ一つ気をつけないといけないのが、画像ファイルを含めてトータルファイルサイズが512MB以下でないといけないということ。 これを超えた場合はExport時に画像ファイルのチェックを外して、後からFTPソフトとかで画像だけUPみたいな流れになると思います。 あとはpluginの有料版買ってもいいんだけど、FTPでやるのもそんなに手間ではないと思う。

参考リンク WordPressの移管・引っ越しはAll-in-One WP Migrationが最速で安全だった https://arutega.jp/all-in-one-wp-migration/

●EWWW Image Optimizer EXIF(“えぐじふ”とか“いぐじふ”って読むみたい)というものがあって、Exchangeable image file formatの略なのだけど、これは写真(画像)ファイルにメタデータを埋め込む規格のようなもの。 デジカメやスマホで写真を撮った時に出来上がった写真には撮影機材の機種や撮影設定が埋め込まれているものがあり、それがスマホや一部のデジカメの場合、設定次第では搭載GPSからの撮影位置情報まで写真に埋め込んだりするものもあります。 自宅で撮った写真をBlogに載せて公開したらその写真をダウンロードした人がEXIFを解析して(簡単にできる)自宅を特定しちゃったりとか、そんなことも世の中では過去にはあったみたい。 もっとも、最近では大手BlogサービスやSNSではuploadの際にこのEXIFを自動削除するものが殆どみたいだけど、WordPressの場合は自衛が必要なので。 このpluginを有効化しておくとEXIFを自動削除してくれます。 また併せて画像圧縮の設定もあるので、詳しくは参考リンク先にて。

参考リンク WordPressでEXIF情報を自動削除してくれるプラグイン「EWWW Image Optimizer」 https://bacque.biz/archives/5923

●WP Maintenance Mode WordPressでサイトを作る時、実際のプレビュー画面で動作や表示を確認しながら作っていく場合、まだ未完成のサイトを他の人に見てほしくない。 けれどプレビューしながらじゃないと動作確認が出来ないといった場合。 このplugin「WP Maintenance Mode」をインストールして、設定ページから「有効or無効」を選ぶだけで公開・非公開を切り替えることが出来ます。 有効にしていた場合、一般の人からは「只今メンテナンス中です」と表示されるだけ。 自分が確認するためにはダッシュボードに自分がログインさえしていればプレビューページでも表示・動作の確認をすることが出来ます。

[…]